温泉旅行
スポンサードリンク

黒川温泉:新明館の洞窟風呂

仕事が祝祭日とか全く関係ないもので、ようやく正月のまとまった休み(といっても4日間だけですが)がとれたので、久々に九州の実家、熊本へ里帰りをしてました。熊本といえば、黒川温泉というこで、日帰りながら久しぶりにお湯を楽しみに行ってきました。

あまり時間もないので、迷った挙句に洞窟風呂で有名な「新明館」に立ち寄り入浴してきました。ここは、おそらく8年前くらいに1度だけ訪れたことがあったんですが、当時と比べると、なんだか観光客の方が多くなったんですねぇ。お風呂も結構混雑してました。まぁ、有名旅館なので混雑はしょうがないですが、お湯はなかなかよかったですよ。洞窟風呂は蒸気がモウモウとしていて、天然の温泉蒸気がミストサウナのように体にジンワリとしみわたる感じがします。この洞窟風呂は一応混浴なんですが、当然のようにオヤジ天国と化してます。ちゃんと女性用の洞窟風呂もあるので、おそらく女性の方はそちらに入浴されているんでしょう。洞窟なんで奥はお湯が溜まりになっていて、良くないんじゃないかと思ったんですが、奥から新しいお湯がコンコンと流されていて新鮮です。

入浴後に、地元のお店の方と喋っていると、有名旅館の温泉は宿泊して立ち寄り湯が出来ない時間にゆっくりと入るのがいいよって言われました。確かに宿泊客だけだとゆったりといいお湯を楽しめそうです。今度は宿泊して楽しんでみたいですねぇ。もちろん、今回は時間がなくて購入しなかったんですが、入浴手形を買ってしっかりと楽しみたいですね。

正月は箱根の天山湯治郷

今年の初日帰り露天風呂は、箱根温泉の天山湯治郷に行ってきました。
以前も正月に日帰りで行ったときには、ものすごい駐車場待ちの車列が出来てましたが、今年も同じく....すごい車列でした。まぁ、予想してことなんですが、皆さんやっぱり正月から温泉に入りたいっていう気持ちは同じなんですね。
あと、箱根駅伝開催の日時とぶつかると、途中の道路がとんでもない事になりますので、注意した方がいいですよ〜。

天山湯治郷は、本当に久しぶりでしたが、昔と変わらず落ち着いたいい雰囲気ですね。入口を入るとなんとも言えない香りがします。個人的には温泉も含めて全体的な雰囲気が好きなんですよ。

温泉は当然ながらこんでましたねぇ。でも冬の凛とした冷気を頬に感じながらつかる露天風呂って本当に最高です。本当に「あ〜っ」って意味もなく声が出てしまいます(まぁ、これは年のせいでしょう)

帰りの車中、体から温泉の香りがほのかにするのが好きなんですよねぇ。
正月から露天風呂を充分に堪能できて、幸せなスタートになりました。

厚木のシロコロと七沢温泉

ここのところ、B級グルメで有名になった厚木のシロコロホルモンを食べに行こうという話になり、まぁ電車でもすぐなんですが、どうせなら近くの温泉に入りたいということで、七沢温泉に行ってみました。どうしても近場の温泉って、いつか行こうと思いつつ、結局行かないというパターンが多く、七沢温泉も今まで行ったことありませんでした。

今回予約して行ったのは七沢温泉の「旅館 福松」さん。色々とネットで口コミ情報を見ていたんですが、その評価どおりのお宿でした。まずは、施設は非常に古く、気になる人は気になるでしょうねぇ。廊下を人が歩くと、結構な音がします。まぁ今回はシロコロがメインの楽しみだったので、温泉に浸かって寝るだけだったので、さほど気にならなかったですけどね。
ただ、温泉と食事はかなり良かったですよ。温泉は大好きな檜風呂で、半露天風呂になっていて24時間入れますし、夜間はライトアップもされてて、なかなかいい雰囲気です。他の宿泊客の方も少なく、場所的に非常に静かなので、ゆったりとお湯を楽しめました。夜の空は、都心よりもやっぱり綺麗ですね。
食事は夕食はしし鍋やシカ刺しなど、普段では食べられないようなもので、味もよく大満足です。

価格も非常に安かったので、都心から少し離れてリフレッシュするにはちょどいい場所かもしれないですね。ただ、宿のまわりには何も無いので、お酒やおつまみなどは、持ち込むしかないですね。宿でも得に販売はしていなかったと思います。まぁ、場所的に厚木で存分にシロコロを楽しんで、宿は温泉だけ楽しむのでも充分ですけどね。

冬の伊香保温泉

群馬県渋川市にある伊香保温泉は万葉集に名前が出てくるほど、古くからある有名な温泉です。温泉自体が山間にあるため、温泉街も急な斜面に開けているのが特徴です。
階段や坂道が多く、伊香保温泉のシンボルとも言われる石畳の階段は約360段あると言われています。その階段の横には飲食店や宿が立ち並び、情緒ある雰囲気が温泉旅行客を楽しませています。石段の湯という共同浴場は旅行客を含め、地元の人にも愛用されています。

伊香保温泉は多くの旅館で日帰り湯が利用できるため、日帰り温泉旅行を楽しむ人も多いのです。日帰り湯でより多くの温泉に入りたいのであれば、ホテル天坊がお勧めです。3つの貸切風呂に壷風呂や洞窟風呂・トルマリン風呂など変わった温泉がたくさんあります。一日かけてもゆっくりすることができるのが特徴です。露天風呂は冬になれば雪景色が楽しめます。
また日帰り湯であれば、金太夫ベルツの湯もいいでしょう。温泉を治湯として利用することを考えている温泉です。温泉も8種類と多く、打たせ湯や露天風呂があります。この2つ以外にも日帰り温泉を楽しめる宿はたくさんあります。

伊香保温泉の冬のイベントと言えば、榛名湖イルミネーションフェスタです。12月の中旬に開催されるこのイベントはイルミネーションにより、光と水の世界を作り出すのです。湖面に反射するイルミネーションがとても綺麗です。多くの旅館では宿泊者に対して、送迎バスを用意しています。温泉とイルミネーションを楽しむのもいいですね。

飯山温泉:元湯旅館

厚木の飯山温泉って、自宅からかなり近いのですが、今まで行ったことがなかったんです。どうしても、その先の箱根温泉まで出かけてたんですが、今回はちょっといつもと違う場所へと考えたすえに、近場の飯山温泉にしてみました。飯山温泉の元湯旅館は、江戸時代からの老舗で、いかにも温泉旅館って感じです。

広い敷地に色々な施設が点在していて、なんとなく小さな街にきたような感覚になります。それがまた非日常を感じさせてくれて、良い感じです。宿のまわりも、観光客相手の土産物屋などがなく、とても静かです。宿泊した部屋も離れタイプの客室で、本当に他の宿泊客とほどんど顔をあわせることもなく、ゆっくりと過せました。客室露天風呂もあって、本当に満足です。
普通に、大浴場や露天風呂も、とても満足ですね。アルカリ泉で美人の湯と言われるだけあって、お肌がスベスベになります。

自宅からわずかな時間で、こんなに静かでいい温泉があるなんて、驚きました。この静けさから、厚木とは思えないですね。なんでも11時から15時まで、昼食付きで日帰りプランがあるみたいなので、こんどはそれを利用してみようと思います。暫くは、飯山温泉にはまりそうです。

箱根温泉:天山湯治郷

天山といえば、箱根の日帰り温泉の代表的な施設ですよね。

露天風呂は広くて、雰囲気がよく、施設も綺麗です。そしてなにより源泉かけ流しです。温泉の目の前には、緑が綺麗な森林や山々、近くには綺麗な川も流れています。

ゆっくり露天風呂に入っていると、自然な森林の香りと雰囲気につつまれ、日常では味わえない癒しを与えてくれます。

利用するなら個人的にオススメなのは夜ですね。
それも、月が綺麗な夜は最高ですよ。足を伸ばして上を見上げると、月や星が夜空に綺麗に浮かんで見えます。
でも、今は人気が出て、夜間は結構なお客さんで混雑します ^^;

逆に早朝は空いてるので、朝の澄んだ空気の中で入る露天も最高に気持ちいいです。


その他の施設全般も、和の雰囲気がよく演出されていて、とても綺麗に保ってあり気持ちよく利用できます。

温泉から上がって、広い畳の休憩所で寝転がって背伸びをする瞬間なんて、最高ですよ。こういった施設も綺麗なので、存分にくつろげます。


食事は、別棟の温泉しゃぶしゃぶが食べられる「楽天」や、滋養料理の「山法師」などがあります。ここも施設がとても綺麗で嬉しいですね。
個人的は、楽天の「胡麻だれうどん」が最高においしいと思います ^ ^

1日、ゆっくりと湯治の気分が味わえる日帰り温泉です。

車で行かれる方は、駐車場は広いのですが、土日は駐車待ちの車列が出来るくらい混雑しますので、平日のご利用をお勧めします。

箱根温泉:ホテルおくゆもと

箱根温泉のホテルおくゆもとは、須雲川沿いにあり、紅葉の時期などは最高のロケーションです。こんないい宿にもかかわらず、最初に宿泊したのは、会社関係の慰安旅行でした。まぁ、慰安旅行なんて、ろくな思い出とか記憶がないですから。プライベートで訪れてみて、初めて良さがわかります。さすがに秋の紅葉シーズンは宿泊した事はないですが、美しい風景が想像に難くないです。

箱根湯本の駅から送迎バスが出てますが、個人的には宿まで遊歩道をゆっくり散策がオススメですね。まぁ、歩くと30〜40分くらいかかりますけど。。。。
この宿の特徴は、なんといっても食事ですかね。オーダーの食べ放題です。席につくと、前菜・先付けなどがセットされていて、メインはステーキ・天ぷらなどを自分の好きなだけオーダーしてオープンキッチンで作ってもらえます。このアイディアはいいですねぇ。
オープンキッチンでシズル感もあり、あたたかい焼きたて、揚げたてのものが思う存分食べられるっていうのは、素晴らしいです。デザートやフルーツも充実していて、老若男女、みんな満足できるんじゃないでしょうか。

もちろん、温泉のほうもすばらしく、露天風呂なんて、最高に気持ちいいです。
目を閉じると、須雲川の渓流の音と、周りの自然から聞こえる、ナチュラルな音がなんとも心地よいです。
駅からは少し離れてますが、是非とも宿泊してもらいたい宿ですね。

画像はこちらから>>>箱根湯本温泉 ホテルおくゆもと

箱根温泉 湯本富士屋ホテル

箱根の湯本富士屋ホテルは、とにかく立地が最高にいいんです。駅を下りてすぐのところにあります。建物もすごく綺麗で新しく、接客もホテル形式で個人的にはすごく気に入ってます。以前、会社の部署での旅行で利用したことがあり、個人的に利用したいなぁと思ってたんですよねぇ。せっかく箱根まで来るのに、宴会の記憶しか残ってないですからね......2度目に個人的に宿泊したときには、あらためてその良さが気に入りました。

ここは、立地もいいのですが、平日に行くと、比較的宿泊客もすくなく、本当にのんびりと温泉も楽しむことができます。ただ、宿泊したのがレインボープラザという建物だったのですが、そこからだとお風呂がちょっと遠いですね。露天風呂は人も少なくいい感じでした。都心から1時間半くらいで星空を見ながら露天風呂を楽しめるってのもいいですね。

あと、食事は外に食べにいくのですが、今回はフランス料理のコースつきのプランだったので、柄にも無く食べる羽目になったんですが、これが意外に美味しいんです。温泉場でフランス料理なので、そんなに期待していなかったんですが、予想外の味に大満足でした。
駅から近いので、ゆっくりとロマンスカーなどを利用して温泉と、箱根散策するにはいい宿だと思います。

伊香保温泉 塚越屋七兵衛

伊香保温泉で、リーズナブルに最高の温泉を楽しもうともったら、塚越屋七兵衛さんがいいかもです。場所はちょっと離れていますが、その分、お風呂は秀逸です。
まず、伊香保温泉でも数が少ない本物の「黄金の湯」がかけ流しで楽しめます。よく「黄金の湯」などと宣伝文句に書いておきながら、実際は普通のお湯っていうパターンも多いですからねぇ。
塚越屋七兵衛さんでは、源泉で黄金の湯が楽しめます。やっぱり伊香保に来たら、この茶褐色の優しいお湯につからないとはじまらないですよね。刺激が少ないお湯で、体が本当に温まります。
あと、露天風呂は残念ながら黄金の湯ではないのですが、大好きな檜風呂。さわやかな香りに包まれながら入る露天風呂は、本当に最高です。

食事に関しては、個人的に外で済ませたい方なので、比較対照しずらいのですが、豪華さはないですが、品数も多く、それなりに満足です。旅館の普通に合格点レベルではないでしょうか。

私が行った時は、ちょうど会えなかったのですが、陰陽師がいて、実費で占いをしてくれるみたいです。なんだか良くわかりませんが、温泉場でこういうサービスというかオプションって初めてだったので、結構興味あったんですけどねぇ、残念でした。

宿泊料金も伊香保温泉の相場にしては比較的安い方ではないでしょうか。むしろあの黄金の湯が堪能できるので、リーズナブルな価格だと思います。

由布院温泉 ホテル山光園

由布院温泉のゆふいん湯めぐりホテル山光園は、高台にあるため由布岳や湯布院温泉街を見下ろすロケーションが最高です。ちょっと中心から離れていますが、駅から送迎してもらえますので、その点は心配ありません。
逆に湯布院温泉街から少し離れた場所にあるため静かな時間を楽しむ事が出来ます。目の前に由布岳が見え、裾野は田畑が広がり、のどかな景色がたまらないです。



この山光園は、自家源泉を二種類持っており湯布院最大級の温泉旅館の敷地内に数多くのお風呂がり、普通は、湯めぐりをしに外に出ますが、ここは、ホテル内のお風呂で充分楽しめます。
なんと10箇所のお風呂と6箇所の家族風呂があり、嬉しいことに24時間楽しめます。家族風呂も無料で使えます。源泉掛け流しで新鮮なお湯を贅沢に使えるのも魅力一つです。
夜中の静寂の中で、露天風呂に入れるのはいいですねぇ。家族風呂も数が多いので、予約なしでも充分にはいれます。

あと、食事もなかなか美味しくいただけました。温かい物は温かく、冷たい物は冷たく頂くことが出来ます。これって普通の事なんですが、最近では結構有名な旅館に宿泊しても、全部常温に近い料理が出てきますからねぇ。
施設全体としては、とても古いのは否めないのですが、この温泉と静かな環境を考えると、とてもいい宿ですよ。
最近の記事
レンタルサーバー