カードローン審査を突破するには

カードローンでお金を借りるために信用される人間になる方法
Home  > カードローン審査に通らない!  > カードローンでお金を借りるために信用される人間になる方法

カードローンでお金を借りるために信用される人間になる方法

男性45歳
製造業18年、運送業2年、倉庫業5年
私は大阪在住のサラリーマンです。

遊びのお金ほしさに

カードローンを利用したきっかけは、主に遊びに使うお金が欲しくてよく聞く「最初は5万円くらいならすぐに返せる」という浅はかな気持ちがきっかけでした。

緊張の中で

最初はかなり緊張しましたが、借りる時は誰にも相談はせず自分の意志で借りました。

審査で必要なこと

審査の為に提出した書類は、基本身分証明書1点と場合によっては給料明細や源泉徴収所の写しが必要でした。

他の借金が原因で

審査の時間は1時間未満で、結果、既に何件かの借り入れがあり金額も多かったので審査は通りませんでした。

審査通過方法

審査を通す為にはまずは安定収入がある事、身分を証明できる事、自宅や会社で自分の所在が確認できる事、あとは他社借り入れ件数や借入金額の超過がないかどうか、過去に犯罪歴とか破産歴がないかが重要です。

信用が第一

審査を通すなら、年収を上げるのが一番簡単な方法ですが、お金を借りたいという方はやはり信用というものが大事になります。
電話が自宅の固定電話であることが有利になったり、自分が働いている会社の規模や従業員数、会社自体の創業からの年数とかも関わってくると思います。
また、今は年収の1/3が借り入れの上限ですが、ローン会社によって審査の基準が違うこともあります。
たとえば、ローン会社の独特な基準方法がある場合、クレジットカードや銀行の借り入れ金額は1/3に含まず、カードローンの借り入れ金額のみをみるところは実質年収1/3以上借りるこができるのです。
しかし、審査で断られても片っ端から申し込むようなことをすると信用の度合いが低くなり、余計借り入れが難しくなるためしないようにしましょう。
▲このページのトップへ